リレンザって安全?

インフルエンザに効果的な薬のリレンザ。タミフルの異常行動は一時期、話題となりましたよね。このリレンザが、効くことは確かだと思いますが、安全面では大丈夫なんでしょうか?副作用も事前に確認して正しい服用方法でインフルエンザを治しましょう。

リレンザの画像

リレンザに異常行動などの問題はないの?

インフルエンザの治療薬は飲んだ子供が異常行動を起こすという報告があったため大きな話題となりました。子供がインフルエンザの治療薬を処方された時に本当に飲んでも大丈夫なのかと心配になってしまう人も少なくありません。話題となった薬は内服薬で、胃腸で消化吸収されて全身に有効成分が血液に乗って巡るというタイプの薬でした。それに対してリレンザは粉末状の薬を吸入するタイプの薬です。インフルエンザウイルスが体内に侵入し、増殖する場所である気道に直接吸い込むことでウイルスの増殖を抑制するという効果が期待できる薬のため、体内で消化吸収という段階が不要な薬です。吸い込むときに口の中に薬剤が残ることがありますが、少量ならば飲み込んでも大きな影響はないと言われています。そのため、リレンザの副作用として異常行動が起こるということはないと言われています。
しかし、異常行動の全てが薬の副作用ではないと言われています。インフルエンザは高熱が出るため、高熱による異常行動が起こることがあります。熱性せんもうと言い、幻聴や幻覚が起こり普段とは違う行動を行ってしまうことがあります。これはインフルエンザウイルスの影響で免疫機能が正常に働かなくなり、過剰な免疫反応を引き起こしてしまうことで異常行動を起こすことがあると言われています。また、インフルエンザ脳症による異常行動が起こることもあります。そのため、リレンザを服用すれば絶対に異常行動が起こらないとは言えないのです。インフルエンザに感染した場合は、リレンザやその他の内服薬を服用してもしなくても、異常行動が起こってしまう可能性がゼロではないということを理解しておく方が良いでしょう。